定期的に女性と付き合う

*友だちとは話しやすいの腫彼(彼女)どはうまく話せない■口論は水曜日に起こりやすい多くの人にとって理想なのは、本当のだと思える人が〃一番の友だち″であることです。しかし、私たちは「話のウマが合うから」というだけの理由で、一生の恋人を選ぶわけではありません。生涯愛し合うということは、深い会話を交わしあえるということよりむしろ、性欲とか、お互いの人生の目的のため、あるいは一緒にいることが快適だ、ということと結び付いています。私のクライアントのひとりに、最近、妻がレイオフされて毎日家にいるために、常に顔を合わせてしまうので、参ってしまったという人がいます。。生を共に生きようと思って結婚はしたが、毎日ランチを付き合うつもりじゃなかったんだ」と彼はこぼしました。伴侶(はんりょ) 先頃、アイオワ大学のコミュニケーション学部の研究者が、1585人の学生を調査しました。そして、学生たちに毎日の会話の満足度について評価してもらいました。その結果、 研究対象となった学生たちは、恋人との会話よりも、親戚や親友や友人たちとの会話のほうに満足していました。それ以外におもしろい発見があったのですが、それは、〃口論″というのは水曜日にもっとも起こりやすく、また、定期的に女性と付き合うほうが、より健康でいられるということでした。私のクライアントのルースによると、夫のクリストファーとの会話は、かつてはとても緊張してぎくしゃくしていたけれども、今や夫婦関係は大変うまくいっていて、安心できる出会い系で結婚して以来ベストな状態だというのです。

051i_72

強い女性

たとえば、源氏と平家が激しく争っていた時代の話ですが、木曽義仲の側室であった巴御前が源義経らに捕らえられ、鎌倉に送られました。また、同じように、秋田城が落城した際に、勇戦した板額という女性も捕虜になって鎌倉に送られました。・ところが、鎌倉の武士のなかには、敵方の一員であるにもかかわらず、彼女たちをもらい受けて、強い子供を生ませたいと申し出た者がいたようです。また、江戸時代には女性が親の敵討(かたきう) ちをすることもありました。男性の兄弟がいない場合は女性も敵討ちに出なければなりません。ところが、敵討ちが無事終わると、かなり身分の高い家の男性がその女性を、自分の嫁にといってもらい受けることがありました。これも、強い女性は強い子供を生むだろうという観念があったからではないでしょうか。実際、こういった形で彼らや彼女たちが自分の行動を意識しているわけではないでしょうが、それまでの歴史から、強い女性ほど強い子供を生むということを、遺伝学上の経験的事実として知っていたのでしょう。O「健康」であることは、女性にとっても重要な条件先にも少し触れましたが、本来、男性にとって結婚相手を選ぶときの最終的なファクターは、相手の女性が美しいかどうかでした。もちろん、これは現在でも変わりありません。男性は、女の子が生まれたときのことを考え、とりあえずできるだけ美しい女性を「配偶行動」の相手に選ぼうとします。これからここ→結婚相談所 比較 で、出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。

FH175_L

遺伝子のサバイバル

ここでもやはり、遺伝子のサバイバルということがカギになっています。女性の魅力は大きく分けて、かわいらしさと美しさの二つがあります。かわいらしさは、「養育行動」を解発するのに役立ちます。一方、美しさというのは、本質はどうかはわからないにしても、基本的には異性をひきつけます。「配偶行動」をうながす、端的にいえばセックスをしたいという欲求を引き起こすサインとなります。つまり「東男」と「京女」とが結びつけば、二人の間では充実したセックスが営まれ、その結果まちがいなく子孫ができ、一家が長く繁栄するという蓋然性が高い教訓があるのです。これは余談になりますが、人間の場合、動物と違い乳房が体の前についています。これは自分が女性であることを示すサインであり、「配偶行動」を解発するためのものであると、先のデズモンド・モリスは指摘しています。この場合、男性の「配偶行動」をより強くうながすには、巨乳のほうが有利なのかもしれません。とはいっても、男性にもやはり、男としての美しさが求められますし、女性の場合も、肉体的な強さが求められます。夫が子供を残して出て行く、あるいは動物であればオスが巣を離れることもあるため、妻が子供を生み育てるためには、それなりの強さももちあわせていなくてはなりません。母親が死んでしまっては、子供を育てるのがむずかしくなるからです。そのため、昔から、強い女性を求める男性もいたようです。出会いはここ→出会いがない 社会人 に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

FH193_L

東男に京女

これに対して男性の場合は、社会的な特徴がかならずしも決定的な要素にはならないようです。
●男の遺伝子は健康な女性を求め、女の遺伝子は社会的に強い男=「優位個体」を求めている
●女が背の高い男を好むのは、背の高さが「優位個体」の証明だから
●女は優しいだけの男は選ばない
こうした男女の差があるからこそ、世の中はうまく行っているのだとも考えられますが、いったいこの違いは何に起因するものなのでしょうか。そもそも、どういう相手を選ぶかというのは、メイティング・ビヘイビア、つまり「配偶行動」と強く関わっています。「東男に京女」という言葉がありますが、これは平安時代中期以降の日本において、この組み合わせがカップルとしては理想とされてきたからではないでしょうか。関東や東北地方から出てきた男性(東男)は一般に野武士ですから、体力があってたくましい。一方、京都の女性は洗練されていてしかも美しい。これが「配偶行動」の究極の理想だというわけです。このことからわかるように、女性にとって男性の魅力の根本は、肉体的な強さに代表される社会的な強さでした。その相手と結婚することが子孫を残すのに有利かどうか、つまり遺伝子のサバイバル(生き残り)を実現できそうであるかどうかということが決め手になるのです。一方、美しく洗練された女性が多くの男性から求められるのは、生まれてきた子供が女で、しかも美しければ、大人になっていい配偶者を得る可能性、ひいては子孫を残す可能性が高まるという思いがあるからです。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会い系 サクラいない 出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

FH145_L

三高

しかし、本質的には、力士が赤ん坊と同じように裸であることが理由です。つまり、力士というのは、自分は大きな体をした圧倒的に強い男ではあるが、裸になることによって、自分の大将は「タニマチ」のあなたである、だからはあなたの楽しみのために奉仕しますょという、服従のサインを出しているわけです。それによって、「養育行動」を解発されているのがタニマチというわけです。男性が裸になっておこなう相撲はもともと、神に奉納する武道として発達してきました。全国各地に「裸祭り」とか「裸参り」といわれるものがありますが、これらはいずれも、神イコール〃上〃、つまり神が人間の上位者であるということを、裸になることによって認めたのが起源ではないかと、私は考えています。下位者である人間が上位者である神の前で裸になってみせることによって、服従の意思を示していたのではないでしょうか。女は、生き残りをかけて結婚相手に「三高」を求める○遺伝子のサバイバルが実現できるかどうかが結婚の基本女性が結婚相手を選ぶときの条件として、「三高」をあげるのはよくご存じかと思います。「三高」というのは、言うまでもありませんが、「収入が高い」「学歴が高い」「背が高い」の三つをいいます。女性の場合、建前では「男性は見かけより、人柄のよさ」とは言いつつも、ホンネの部分では、こうした「見かけ」「外観」といった表面的な要素が強い影響を与えるようです。コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

参考:【結婚相談所の選び方】1年以内の婚活

FH148_L

服従の意志

これも、やはり服従の意思を表示するものです。ところが、中国や日本などの東洋では、地面に這(は) いつくばって低い姿勢をとるのが降参のサインとなっています。また東洋では、裸になることも降参の意思を示すサインです。これは、東洋人が普段、裸になりやすい衣服を着ていたこともあるのですが、歴史や文学などを見ると、肌を露出することにより降参の意思を表明する描写がしばしば見られます。この場合、左の肩だけ露出するのは、相手に味方することを示し、両肩とも脱ぐのは降参することを意味します。こうして考えてくると、一時期大流行した女性が両肩を露出するボディコン・ファッションも、かならずしも自分のセクシーさをアピールするためだけではなく、男性に降参する意思を表明することによって、「養育行動」を解発する意味があったと言えるかもしれません。裸といえば、たとえば相撲の力士を考えてみてください。彼らはいずれもひじょうに大きな体をしていますが、通常私たちが目にするのは裸の姿です。相撲ファンに女性が多いのは、そうした裸の姿を見て、「お相撲さんはかわいい」と感じ、「養育行動」を解発されてしまうからなのです。また、力士のスポンサーのことを「タニマチ」といいますが、タニマチになる人はなぜそういう気持ちにさせられるのでしょうか。これは一つには、力の強い者を子分にしていることをアピールして自分の権力を誇示するということがあります。結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

FH142_L

意思表示

狼の場合、お腹をみせられた勝者は相手の腹部に噛みつくことはしませんが、その攻撃性は残っていますから地団駄を踏んで走りまわるそうです。そういえば、人間でも、腹を上にして「殺すなら殺せ」などとヤクザが言っているシーンを映画などで見ることがあります。また、アジサシの場合は、動物学者であるコンラート・ローレンッの観察によれば、降参するときにちょっと首を曲げてうなだれるといいます。すると、首に血管が浮き出てくるのですが、そこをつつけというしぐさを見せます。そうすると、相手はそれ以上つつかなくなるそうです。猫の場合も、お腹を上にして寝ころがっている姿を見ると、猫好きの人間は「かわいい」と思います。このように、自分よりも小さい個体が無力の状態であることが、「養育行動」を解発するのです。

Oボディコン・ファッションは、男性に降参したことの意思表示
人類の場合は、降参のサインは文化によって異なります。降参のサインとは、要するに自分が無力であることを示すものですが、西欧では、白旗を掲げることが降参の意思表示となっています。また、両手を上げるのもそうです。手を上げると自分の姿を大きく見せることになりますが、それでも降参の意思をあらわしているのです。また、オリンピックの開会式の入場行進を見ていると、外国の選手団がロイヤルボックスの前を通りすぎるときは胸に右手をあてる動作をすることに気がつきます。面倒見が良いオンナはモテます。で頑張ってパートナーを見つけましょう。

FH118_L

母性本能

かつて、大変な競争状況にある男性社員たちの葛藤を描いた企業ドラマの主題歌を、岩崎宏美さんが歌っていたことがあります。『聖母(マドンナ)たちのララバイ』というタイトルだったと記憶していますが、その中に、「さあ、眠りなさい……」という歌詞が出てきます。これはつまり、実の母親ではないけれども、母親と同じ役割を果たそうとしている女性が男性に呼びかけるものでした。この場合、男が女に顔をうずめて泣くという情景が目に浮かぶわけですが、かりに男性からそういう行動に出られれば、女性はいわゆる母性本能を刺激され、やはり「養育行動」をとるであろうというのが、この歌の作詞者の想定だったのでしょう。しかし最近の女性は、男性がこういう行動をとると、「私はあなたのお母さんじゃないわ」と、愛想を尽かすことが多いようです。基本的に人間というのは、男女を問わず「養育行動」を解発されると「養育行動」に出るものなのです。「養育行動」を解発する行動にはもう一つ、服従ということがあります。自分が相手に降参(こうさん) したことを示すサインは、動物、とくに肉食動物の世界ではひじょうによく発達しています。肉食動物の場合、同じ種族どうしの争いでも相手を殺す能力を持っています。殺されては元も子もないので、たとえば犬は、人間が叱りつけるとゴロッとお腹を出して、「私はもう無力です、お腹を噛(か) んでください」という意思表示をします。相性が合う結婚相手をでみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

FH109_L

猫かわいがり

猫の場合、その鳴き声も大きな要因となっています。猫はミャアと鳴きますが、この鳴き声を聞くと、人間は「かわいい」と思うのです。たしかに、猫の鳴き声は人間の赤ん坊の泣き声とよく似ています。さかりがついたときの猫の鳴き声でさえ、赤ん坊が号泣するときの声にそっくりです。つまり私たち人間は、猫の鳴き声に永遠の赤ん坊を見ているわけです。だからこそ猫が「かわいい」と感じ、つい「養育行動」に出てしまうのです。人間の赤ん坊は泣き続けることによって成人の保護を求めます。「保護」には実は三つの意味があります。一つは、排泄の世話をしてやること。二番目は授乳。そして三番目は、だっこしたりして安心感を与えてやることです。これらはいずれも「養育行動」です。猫の場合、こうしてかわいがってやったからといって人間に何かをしてくれるわけではありません。にもかかわらず、人間が猫に対して一方的に愛情を向けるのは、「猫かわいがり」という言葉があるように、人間の「養育行動」を解発するうえでは実にうまくできた動物だからです。

O服従も、「養育行動」の解発手段の一つ
女が男の胸に顔をうずめて泣くときも、相手を上目づかいで見ながら、赤ん坊や猫の鳴き声のような声を出します。そうすることによって、相手の「養育行動」を解発しているわけでこうして見てくると、「養育行動」は、一般に強者とされている者が弱者に対しておこなうことのように思えますが、ときとして逆転することもあります。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

FH127_L

媚びる事をしない女性

媚を売るという言葉がありますが、これはいってみれば、女性が男性の「養育行動」を解発しようとする、自然な技術、本能的な行動です。「媚」という漢字が女ヘンなのは、そうした行動はやはり女性のほうに多く見られたからでしょう。人間の社会ではかつて、女性は媚びる側、男性は媚びさせる側という社会的通念がありました。男性の場合はとくに、筋力が女性よりはるかに強いという、動かしがたい現実があります。そのため、長く生きていくには、女性はどうしても男性の「養育行動」のお世話にならなくてはならない時代が長く続きました。ところが最近では、男女関係のありようが変わりつつあるようで、これまでのように媚びることをしない女性が相対的に増えてきました。これはひょっとすると、人間の生活とくに文明国では、徐々に「自然」から離れていっている証拠なのかもしれません。そうした現状はあるにしても、メスがオスに媚びるという図式は、少なくとも哺乳類と鳥類の世界ではその多くの種に共通したものです。表層的なしぐさは変わったとしても、メスがオスの「養育行動」を解発するという本質は変わらないようです。ところで、これは考えてみると、人間が猫をかわいがることと通じています。猫はパンダほどではありませんが、先のような特徴を多く備えています。大人の猫でさえそうした特徴があるのですから、より弱くて小さい存在である子猫となればなおさらです。出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

FH126_L